ユニオン (労働組合)・合同労組から団体交渉の手紙が来たら、焦らずにまずはご連絡ください。労働問題、団体交渉の解決に向け、全力で支援いたします。

ユニオン・労働組合対策事務局

〒231-0014 横浜市中区常盤町1-2-1-8C

団体交渉のすすめ方

団体交渉のすすめ方

ここでは企業別組合や産業別組合ではなく、合同労組について主に記載します。

労働組合のない中小企業において、ユニオンとの団体交渉が最も面倒でやっかいなことです。
特に今まで労働組合にまったく縁のない中小企業経営者にとって、団体交渉の通知がきただけで頭が真っ白になってしまいます。

最初の対応を間違ったために会社に押しかけられたり、細かい経理資料を常に提出させられたりするケースもあります。
うつ病になってしまった経営者もいます。会社を整理してしまったケースもあります。

今や厚生労働省の労働センターに年間100万人が来る時代です。団体交渉は避けたいことですが、ありうることとして受け入れるマインドが必要かもしれません。
自社の弱みを発見、改善する良い機会だと発想の展開をしてみたらどうでしょうか。

どこに相談するか

団体交渉の通知が来た時に一番なやむことですが、早い段階で専門家に相談することを強くお勧めいたします。
中小企業の場合関与している率が高いので税理士にまずは相談されるケースを良くききますが、すぐに専門家につないだほうが良いと思います。

労働分野の専門家とは、社会保険労務士、弁護士です。
どちらに依頼したらよいかとなりますが、私の見解では、法廷闘争(裁判)になるか、なりそうかで分けることが一番合理的ではないかと思います。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

045-228-9282

FAX:045-228-9283

事務所紹介

ユニオン・労働組合対策事務局

〒231-0014 横浜市中区常盤町1-2-1-8C

主な業務地域

神奈川県横浜市・川崎市・
東京都・埼玉県・千葉県・
その他近隣都道府県

ご連絡先はこちら

045-228-9282

045-228-9283

代表の南雲哲男です。
労働組合対策を経営者側にたって支援いたします。
今すぐご相談を!!

代表者ごあいさつはこちら

事務所紹介はこちら